コンテンツへスキップ

こんにちは、神奈川県に住んでいる吉田といいます。

最近、車を売ろうとしてまして色々調べているんですが、どこに売ったら一番高く売れるんでしょうね?

僕の車はスズキのワゴンRで2013年式、走行距離5万キロです。もう少しで車検の時期なので買い替えようと思っています。次の車の購入費に充てたいのでなるべく高く売りたいのですが、ディーラー下取りだと売却額べちゃくちゃ安いみたいですね。

初めての売却なので、車を売るときはディーラー下取りかなと思っていましたが、最近はガリバーやアップルなどの車買取業者に売る方がいいと言われているようです。

ディーラー下取りは、車の売却と購入が一緒に出来て手続きが楽で乗り換えがスムーズにできるんですけどね。ディーラーの下取り価格が安くなる原因は、いくつかあります。

ディーラーと買取専門店は査定基準が違います。ディーラーにとって重要な査定基準は、その車が自社できちんとメンテナンスを受けていて、なおかつ純正であることです。

中古車として販売するにも、ディーラーは保証をつけなくてはいけません。メーカー保証と同等の保証をつけるには、新車と同じパーツが取り付けられている車でなおかつ、きちんとした整備を受けている車でないとダメなのです。

パーツを社外品の良いものに交換していてもプラス査定されることはありません。よくて通常と同じ査定、場合によっては純正品ではないのでマイナス査定をされることもあります。

あと、ディーラーの営業マンは新車販売のプロであっても、中古車に関しては素人である場合がほとんどです。買取店は世界中の人が参加するオークションで、グローバルに車を売っています。想定する顧客が違うため、そもそもが畑違いなのです。

今後も車を売るならどこがいいか調べようと思います!